社員の声

今の番組での仕事内容は?

ロケ、収録、デスクワーク等々、仕事はたくさんあります。どの仕事も忙しいです。ですが、同じ仕事はありません。
基本は同じでも、その瞬間は一度きりです。普通の職場では味わえない刺激が、やりがいに繋がっています。

この仕事の面白いところは?

街録インタビューのVTRを自分で編集してOAされた時は、「自分のVTRが全国で流れている」という、もの凄い達成感を感じました。

ウエストのいいところは?

正直とても忙しいです。帰れなかったり徹夜作業もあります。
その中で、担当のコーディネーターさんがデスクに何度も会いに来ては、体調面や労働具合などを直接聞いてくれます。これは本当にこの会社だけだと思います。

今の番組での仕事内容は?

1人のディレクターに付いて、企画のリサーチから放送に至るまでのすべてのアシスタントを1人で担当します。
1年目なのでカメラ撮影や編集はまだしていません。失敗してたくさん迷惑をかけることも多いです。でも、企画の趣旨に合うお店をリサーチして提案すれば採用されることもありますし、撮影時の備品も「こんな感じで撮れたら良いな」と自分の想像を働かせて準備し、それをディレクターに認めてもらえたときはやりがいを感じます。
報道番組はエンドロールがないので、名前が流れることもありません。自分が撮影した映像や、提案したアイディアが名前代わりだと思っています。流れた映像に少しでも自分の提案が反映されていれば嬉しいですし、早くディレクターになって特集枠で自分のつくった映像を流したいという思いも強くなります。

この仕事の面白いところは?

提案したお店が初めて採用され、取材の現場に連れていってもらったとき、お店の店主さんに「君の初めての取材先で良かったよ!」と言っていただきました。ディレクターが、「このお店はADの子が初めて提案して通ったもの」だと伝えてくれていたようです。
視聴者に自分がつくったものが届くことと同じくらい、現場で良い関係づくりをできたときも嬉しく思います。そのときのカメラやインタビューはディレクターがしていましたが、現場に同行していても「自分ならどこを切り取るかな?」とイメージしやすく、勉強にもなりました。

ウエストのいいところは?

ひとつは、ウエストにいる人の雰囲気です!
コーディネーターさんは仕事場によく顔を出してくださるのですが、距離が近く、時には弱音を吐かせてもらうこともあります。現場は厳しくても安心できる環境がちゃんとそばにある、と思えることが私の元気に繋がっています。
同じくらい、様々な現場で働く同期の仲間からも刺激や活力をもらっています!ウエストの研修やイベントで繋がって、良い関係を築けています。
もうひとつは、やりたい仕事にとことん向き合ってくれるところです。今の現場も、コーディネーターさんとの相談の中で決まりました。もちろん、現場に入ればつらいこともありますが、ここでやりたいことがある!と思えるので目標を持って頑張れます。

今の番組での仕事内容は?

ディレクターから撮影したい内容を聞いたら、打ち合わせを行い、撮影のための準備を行います。
ロケ先を仕込んだり、機材の準備、出演者の手配全て行っています。時には自分だけで街頭インタビューや物撮りのロケを行います。

この仕事の面白いところは?

自分がディレクターとなって物撮りやインタビューをしたものが、そのまま採用になりOAされているのを見た時。

ウエストのいいところは?

同期がたくさんいるのでその気になれば、友達がいっぱい作れます。
同じ番組でなくても、同じ志を持っている仲間たちなので、苦労話や進捗状況の話はいつだって盛り上がります。

今の番組での仕事内容は?

私たちが思っている以上にアスリート達は毎日色んなところで活動しています。選手たちの様々な活動や試合の内容、結果などを取材したり、見たり、調べたりしてそれをみなさんにテレビを通して伝えています。

この仕事の面白いところは?

正直好きなことや嬉しいことだらけです。でもやはり一番は「テレビの中の人と一緒にお仕事ができること」ではないかと思います。私の場合、スポーツ番組なので小さい頃から憧れていた選手と話したり、努力家な選手たちを取材したり近くで応援したりできることがすごく嬉しいです。
また取材で一般の人は入れないところに入れるのも特権です。私はプロ野球が大好きなので、取材でドラフト会議の現場に行ったときは感動で鳥肌が立ちました!

ウエストのいいところは?

内定をもらい、ハンコを押しに行ったときに社長に「これから一緒に頑張ろう!」と力強く握手してもらったことが今でも忘れられません。そのとき「この人の期待に応えたい!」と思ったことを鮮明に覚えています。
また営業コーディネーターの方々がみんな個性的で面白く、本当に親身になって色んなことを聞いてくれたり話してくれたりします。コーディネーターさんが来てくれると安心できる、そんな存在です。

今の番組での仕事内容は?

仕事内容は、取材先のリサーチ・取材のサポート・編集からオンエアまでのスケジュール調整など。その中で「あのDはどうやって編集しているのか?」「このDはどんな取材をしているのか?」Dの仕事を間近で見て学ぶことも仕事になります。
そこで吸収していったものから「じゃあ、今はこうした方が良いかも!」と自分なりに考えて行動に移すことで、仕事を円滑に進めるのが使命です。

この仕事の面白いところは?

例えば、自分が撮ってきた映像・インタビューが実際に使われた時は、毎回泣きそうな程嬉しくなります。頑張りを認められたことが作品という形に残り、かつテレビを通して多くの方に見てもらえることが、この仕事のやりがいです。

ウエストのいいところは?

まず「いろいろな人がいるなぁ」と思いました。
そんな、やってきたこと・やりたいことが様々な中で、ひとりひとりを丁寧にサポートしてくれるのがウエストの良いところです。
自分がやってみたいことを、一番聞いてくれる、叶えてくれると感じたのが決め手でした。

今の番組での仕事内容は?

みなさん、ADの仕事ってどんなイメージを持っていますか?
寝られないのかな?帰れないのかな?おそらくこのようなイメージを持っている人がいると思います。正直、帰れないことや寝られないことがありますし、しんどい仕事が数多くあります(笑)
ただ、しんどい仕事だけではありません。嬉しい瞬間や楽しいと思う瞬間が必ずあります。
自分はOAを迎えた瞬間に大変だったことやつらかったことが一瞬で吹き飛びます。それがやりがいだと思いますし、この仕事の魅力だと思います。

この仕事の面白いところは?

いくつか嬉しかったことがあるのですが、一番は「スッキリ」としてベストアーティストに取材をしたことです。ベストアーティストを取材した際に、テレビで見ていたアーティストの方が当たり前のように周りにいて天国のようでした(笑)
この業界ではないと経験できないことだと思いますし、非常に貴重な経験ができたと思います。

ウエストのいいところは?

ウエストの特徴の一番として担当コーディネーターさんがいることだと思います。
仕事をしていくと、必ず不安や悩み事が出てくると思います。
ウエストでは給料明細書は必ず手渡しで、その時に「体調大丈夫?」「悩み事無い?」と言ってくれて相談ができますし、何か話したいことがあるときはスケジュールを調整して必ず会ってくれて1人1人を大切にしてくれるところがウエストの魅力だと思います。

今の番組での仕事内容は?

ADは辛いとよく聞くと思いますが、実際はディレクーの方が何倍も寝ずに働いてロケや編集をしています。しかし最近は労務の関係であまり遅くまで会社に残る事ができないので効率よく仕事をしてディレクターの仕事を少しでも減らし、なおかつ自分のスキルアップのために編集作業を積極的にやらせてもらうようにコミュニケーションを取っています。

この仕事の面白いところは?

番組のエンディングの短いコーナーですが自分が考えた企画を番組でやらせてもらった事が一番やりがいを感じたし嬉しかったです。
台本をディレクターに見せては直され、ナレーションを見せては直されと途中イヤになる事もありましたが、自分が考えた企画で出演者が盛り上がったりしてくれると自分が一流芸能人達を操作している気になり、嬉しさと共に高揚感がありました。

ウエストのいいところは?

「ウエストの魅力はコーディネーター制度ですと言え!」と言わんばかりにウエストのコーディネーターさんはよく仕事現場に来てくださり、一緒に飲みに行く事もあります。一番驚いたのは内定をもらった後にバイト先にコーディネーターさん達が来てくれた事です。
元々テレビ業界にいた人たちや芸人をやっていた人などクセが強い方が多いですが、
心の支えになっていて、今後の方向性や仕事について親身になって相談に乗ってくれます。

今の番組での仕事内容は?

普段は意外とデスクワークが多いですが、ロケで外に出る時は、この仕事をしていないと出会えない人たちとの出会いが多いのですごく楽しいです!また自分が考えた企画、自分が作った文字テロップ、自分が編集した映像、自分で作り出したものがテレビの画面にでて、言葉に変え難い感動があります。また仕事環境も個性的な人が多く、忙しくてつらいときもモチベーションをくれる人たちばかりです。同じ仕事をすることがないので、毎日新鮮な仕事ができます。

この仕事の面白いところは?

小さいことですが、電話をする時に「めざましテレビの○○です」とか「27時間テレビの○○です」いうときに自分が番組の人間なんだなと思います(笑)そういったところから自分が番組の中の人間である責任を感じます。

ウエストのいいところは?

正直、明確な理由はないのですが、それでも面接などで社員一人ひとりのことを考えてくれそうだなと思い、この会社であれば自分の夢に近づくかもしれないと思わせてくれる会社でした。実際入ってみて日々気にしてくれているんだなと感じます。

今の番組での仕事内容は?

ザックリと1週間の流れを言うと、旬なネタを探し、会議でプレゼン、台本・構成を考え、ロケ(取材)を敢行し、映像を編集するまでを4~5日間のうちに行う といった感じです。
日々の業務は、スタッフルームの掃除から始まり、夕食の買い出しなども行います。およそ想像がつく全ての仕事をするのがADです。
激しい忙しさとなりますが、楽しさはそれ以上感じられると思います。生放送終了後のスタッフのホッとした表情、ゴチャゴチャ散らかったスタッフルームを見ると、「高校の学園祭みたいだなぁ」と感じることがよくあります。

この仕事の面白いところは?

自分が企画した特集、編集した映像への評価を、多方面から受けられます。
先輩からのアドバイスや、SNSでの視聴者のリアルな声。また放送の翌日には1分単位での視聴率が発表され、シンプルな「数字」で評価を受けます。
カメラを担ぎたった一人で山口県の山奥まで取材に行ったとき、番組内では褒められることもありましたが、視聴率を見ると数字がガクッと落ち込んでいました。
様々な評価を受けられるからこそ、それらにどう応えながらやりたい事を実現できるか考えていくのが面白く、この仕事の魅力だと感じます。

ウエストのいいところは?

面接で感じた社員の方の人柄にグッと惹かれました。
「学校の勉強は頑張ってる?」「お酒はよく飲むの?」といった単純な質問ばかりでしたが、仕事ができる・できないではなく、人の本質をズバリ見てくれている気がしました。
入社後も気軽に連絡を取ってフラッと飲みに行ったり、時には悩みの相談にも乗ってくれる、“いい育て方”をしている会社だと思っております。
仕事に誠実な人材を見抜いているのは、素晴らしいウエストの魅力だと思います。

今の番組での仕事内容は?

元々イメージしていた仕事内容はもちろんですが、「こんなこともやるの!?」という内容も数多くありました。
例えば、見映えのいいうどんを打ったり、聞いたことのない野菜を使ったメニューを考えたり、小さな子供の遊び相手をしたり、ピカピカの泥団子を作ったりなどたくさんの事を経験しました。
興味がなかったものや、体験したことのないことを経験できる「なんでも屋」だと思います。

この仕事の面白いところは?

環境次第な部分もあるかもしれませんが、私が担当しているコーナーでは、企画出し、ロケ内容、編集など、自分の意見を反映してもらえる可能性があるところにやりがいと楽しさを感じています。

実際に採用された時の達成感と充実感は、他ではなかなか味わえないと思います。

ウエストのいいところは?

いろんな番組に挑戦しようと思えばできるし、いろんな番組にスタッフがいるので、他番組のことを聞いたりできるのもいいところだと思います。

今の番組での仕事内容は?

今担当している番組では、再現ドラマの制作・演出の補佐をしています。
ロケ地の仕込みや弁当の発注など制作的な仕事と、お芝居で使用する小道具の準備や、その場面にあった演者さんの衣装の考案など演出的な仕事もしています。

この仕事の面白いところは?

担当番組によく出演してくださる演者さんがいるのですが、自己紹介したこともないのに何度目かの現場で「日向さん!」と名前を呼ばれました。
その時に「芸能人の方と対等の立場で仕事をしているんだ」と実感が湧き、やりがいを感じました。

ウエストのいいところは?

バラエティ・情報番組・ドキュメンタリー・ドラマなど、様々なジャンルの番組を経験してみたかったので、その可能性があるこの会社を選びました。

今の番組での仕事内容は?

日々の業務は、編集担当になった週は平日はほぼ編集所に缶詰で編集をしています。
それ以外の週は、編集素材等の仕込み、収録の仕込み、ゲストとの打合せなど毎日やることが沢山です。

また、特番の時期にはそれに向けての仕事も加わります。

この仕事の面白いところは?

ADも意見が出しやすい環境なので、自分の提案したものが実際にOAされることが嬉しく、やりがいを感じます。
また、私自身音楽が好きなのでアーティストの方々と話す機会があったり、間近で演奏を聴くことができたりすることも大きなやりがいのひとつです。

ウエストのいいところは?

私がウエストを志望した1番の理由は、講習制度があるという点でした。
放送に関する知識を持たないまま、この業界に飛び込むということは大きな不安だったので、講習があるということはとても魅力的でした。
また、入社後も他の会社とは比べものにならない程のサポートをしていただけているので、ウエストを選んで正解だったなと日々痛感しております。

今の番組での仕事内容は?

主な業務は、収録準備、スタジオでのカンペ出しや編集など。好きな音楽を間近で聴けることがモチベーションになっています。

正直な話、“楽しい”が2割、“しんどい”が8割ですけどね(笑)仕事ですから、大変なのは当たり前ですが、やはりこの業界特有の密度の濃いスケジュールには、しんどいと感じることが多々あります。でも、2割ある“楽しい”がとにかく強烈。収録日は「やっとここまで来たんだ」という達成感を毎回感じますし、今までの“しんどい”がリセットされます。特に、自分の好きなアーティストと仕事ができると、眠さや疲れを本当に忘れてしまうんです。
「好きを仕事にするってこういうことなんだなぁ」と思いますね。

この仕事の面白いところは?

生音を一番近くで聴きながら、その空間を自分が作り出している、ということは大きなやりがいです。収録では、アーティストによってもそうですが、観覧のお客様も入っているのでスタジオの雰囲気が毎回違う。その中での演奏は、リハーサルですら鳥肌がたってしまいます。この仕事を始めてから、いろいろなアーティストの音楽を聴くようになったと思います。

ウエストのいいところは?

ズバリ…直観です(笑)言葉にするのが難しいのですが、面接の際、自然体でいられるような安心感がありました。入社後も話しやすい環境、ほどよい距離感を作ってくれていて、そこがウエストの魅力だなと思いますね。

今の番組での仕事内容は?

ヒルナンデス!は主婦向けの情報バラエティ番組なので、今すぐ使える情報(話題のグルメや、最新便利グッズ、話題の場所)を取り扱うことが多いです。

そんな今すぐ使える情報を伝えるには、まず自分が体験をします。仕事を始めてから、福岡、北海道、八丈島、伊豆…などいろんな場所へ行き、いろんなものを見て体験してきました。自分がいい!と思ったものが放送後、ネットで話題になっていたりするとうれしくなると同時に「これ私が見つけたんだ!」と思うと優越感に浸れます(笑)

この仕事の面白いところは?

放送後、協力してくれたお店や企業から「放送後すぐ完売しました」「問い合わせの電話が殺到しています!」「ホームページのサーバーがダウンしました」といわれることがよくあります。改めてテレビの力ってすごいなと思うのと影響力の大きい仕事をしているんだと実感します。そして何より、「番組見たよ!」「面白かった!」といわれると疲れが吹っ飛ぶくらいうれしいです。

ウエストのいいところは?

ウエストには営業コーディネーターがいます。まず自分がやりたいものなど聞いてくれ、それをもとにアドバイスをくれるので仕事に対するビジョンがたてやすいです。

また月一回職場まで来てくれるので、近況を報告したり仕事に対する相談がしやすいです。

入社したての不安で仕方なかった時、コーディネーターの人の顔を見てホッとしたのを覚えています(笑)

今の番組での仕事内容は?

KinKi Kidsのブンブブーン(以下、“ブンブブーン”)はロケ番組なので、基本的に、リサーチ→撮影交渉→ロケハン(下見)→ロケという流れになります。ロケに向けての準備はとにかく細かな仕事が多く、資料の準備や許諾をとることが主です。ロケ当日は、出演者の先回りをして、訪れるお店に行き準備をします。また、一般の方の誘導や、出演者が話しかけたりした場合は、そのあとに許可をとったりします。カメラを持たせてもらえる時もあり、自分が撮った映像がオンエアになるとやはり嬉しいです!
FNS歌謡祭(以下、“FNS”)では、ディレクターへの参考映像を用意し、サイズ表(Aメロ、Bメロ、サビなどの尺を表わすもの)の作成などに放送の1ヶ月以上前から追われます。生放送なので、オンエア当日は、出演者の方の誘導や、楽屋案内などで、かなりバタバタします!

この仕事の面白いところは?

ブンブブーンでは、とにかくいろいろな所に行けることが魅力。例えば、ディズニーランドのロケでは、一般の方が入れない所にも入りました。その他、観光スポットや流行りの店などに実際に行けることは、一般の企業では経験できないことだと思います!
FNSは、アーティストの素顔を見ることができるところ。リハーサルにも立ち会うため、ダンスの振り付けなど、とにかく入念にこだわっているところを目の当たりにすると、プロのすごさを実感します。

スタッフルームの雰囲気はどう??

ADで休みにカラオケに行ったり、仲良くやっています。仕事のときはピリピリすることもありますし、オンオフのメリハリがあると感じています。番組の打ち上げなどでは、技術さん(カメラマンなど)も来ていたりするので、幅広く交流できます。

ウエストのいいところは?

とにかく、担当コーディネーターが、よく顔を出してくれるところです!これって、実際に働いてみないと実感できませんが、本当にウエストならではなんです。給与明細や書類などちゃんと手渡ししてくれますし、相談があるとかけつけてくれます。周りの他の会社スタッフの子に聞くと、会社まで書類を受け取りに行くのが当たり前だったりで、担当の人の悪口を言っていたりも・・・。ウエストは、飲みにも連れて行ってくれたり、暖かい会社だなって感じています!

この番組で良かったところは?

毎回、やっていて良かったと思うのは、ロケを終えた瞬間や、生放送を終えた瞬間。達成感がハンパじゃないです!また、ブンブブーンのロケでは、いろいろな場所に行けて、いろいろな人と出会える。FNSも、お祭りのようなあの雰囲気の中、大勢のアーティストと一緒に仕事ができる。大変なこともたくさんあるけれど、それを忘れさせてくれるようなやりがいがあります!

今の番組での仕事内容は?

news every.の中の特集という企画の部分を担当しています。企画の立案から1本のVTRが出来るまでの一連の流れすべてに携わっています。1つのVTRができるまで早いもので1ヶ月、長いものになると3ヶ月に渡る長期の取材をする企画もあります。2〜3本の企画を常に同時進行で担当しています。

この仕事の面白いところは?

ADであっても企画書を提出してプロデューサーにプレゼンすることができます。内容がよければ自分の出した企画が採用され、O.A.されます。またディレクターの考えた企画にADとしてつく場合は、自分では思いつかない考えかたを学べるので、とても勉強になります。

印象に残っている仕事は?

「名物女将」という企画です。取材対象者の女将が、取材にきてくれたことを純粋に喜んでくれたことが印象に残っています。人が喜んでくれるのを見ると、この仕事をやっていてよかったと思います。

スタッフルームの雰囲気はどう??

20代〜40代までの幅広い年齢のスタッフがいますが、とても風通しがよく、活気はあります。AD同士でご飯に行ったり、時にはディレクターやプロデューサーと飲みに行ったりします。

ウエストのいいところは?

定期的に会いにきてくれるコーディネーターのみなさんが、とても話しやすいところですね。

Comments are closed.

  • logo

    株式会社ウエスト
    〒107-0062
    東京都港区南青山2-27-19 abcd青山ビル2F
    FAX 03-6432-9739